市川猿之助の週刊誌の記事内容まとめ!自殺に追い込んだのは誰?

スポンサーリンク

2023年5月18日、市川猿之助さんが自殺未遂を図るというショッキングな報道がありました。

自殺未遂の原因と言われている週刊誌の記事の内容をまとめてみました。

そして自殺まで追い込んでしまったのは誰なのか、詳しく調べてまとめたいと思います。

スポンサーリンク
目次

市川猿之助の週刊誌の記事内容まとめ

セクハラ・パワハラ問題

市川猿之助の画像
引用元:Twitter

週刊誌に報道された直後に自殺未遂を図ったことから、原因は週刊誌に書かれたことだろうと憶測が広がっています。

週刊誌に書かれたセクハラ・パワハラの記事内容は以下の通りです。

  • 無言の圧力のなかで、間違っても口答えしたりすることはできない
  • 絶対的なリーダーに従うしかなく、断ると干されてしまう
  • 無視されたり、仕事を取り上げられたりした
  • 猿之助氏は”おかしい”と注意されないためエスカレートし、下の立場の人の気持ちが考えられなくなっていた

歌舞伎の世界で、圧倒的リーダーだった市川猿之助さんは、威厳をそのままにスタッフや演者に好き勝手やっていたと見受けられました・・・。

師匠と弟子、座長と役者・裏方の関係は絶対で、無言の圧力のなかで、間違っても口答えしたりすることはできません。性被害に悩んだ役者も“がまんするしかない”と無言で耐えていたといいます。厳然たる上下関係を感じ、泣き寝入りするしかないんです。

NEWSポストセブン

具体的な記事内容

  • 長く公演に携わったスタッフであっても、一度でも誘いを断ったら担当を外された
  • 拒否をしたら、役を与えられない
  • エスカレートしていく行為により、夜2人きりになるのが怖いというスタッフもいた

内心、嫌だと思っていても絶対的ボスの言葉で、自分の夢や目標が一気に崩れる・・・そう思うと従うしかない状況だったのでしょう。

スタッフや弟子の方が、とても辛い状況が日常茶飯事に行われていたのだと想像できます。

猿之助さんの周囲では、パワハラにセクハラを上乗せしたような行為が日常茶飯事です。

 内心ではそれを嫌がっている人もいます。ですが、次の猿之助さんの公演にかかわることができるかどうかなど考えると、拒否できない雰囲気になるんです」(前出・芸能関係者)

NEWSポストセブン

この報道を受け、市川猿之助さんは不機嫌な表情を浮かべたといいます。

本誌が名乗ると途端に不機嫌な表情を浮かべ、「答える義務はありません」とだけ話した。

NEWSポストセブン

週刊誌の発売直後に、自宅で自殺未遂を図ったということから、ネットでは《認めたってことだよね》という声が上がっています。

性加害問題

市川猿之助の画像
引用元:Twitter

セクハラ・パワハラ問題に加えて、市川猿之助さんは性加害を加えていたという内容がありました。

  • 地方興行などの際、頻繁に猿之助さんのホテルの部屋に誘われ、お酒につきあわされていた
  • “隣に寝なさい”と指示され、横になると布団の中に潜り込んできて、キスをされたり、身体を弄ばれたりと過剰な性的スキンシップをされる
  • 猿之助さんからキスを求められたことがあった
  • タクシーで手をつなぐのは当たり前で、キスをされたり、下半身を好き勝手にされたりする
  • コロナ禍になり、“淫靡な濃厚接触”がよりエスカレートした

猿之助さんも酔っ払ってきて一緒に入浴することもありましたし、手を握ったり、体を触ってスキンシップをとったり、キスをするといったことは、平然と行われていました。

NEWSポストセブン

記事では、かなり具体的に被害内容が書かれてあり、衝撃的でした・・・。

ネットでは、《これはひどい》《ちゃんと謝罪すべき》という厳しい声が上がっています。

https://twitter.com/verycute_miffy/status/1659093115335000066

市川猿之助さん、これから生き地獄でしょうね!

両親死亡にセクハラ問題、性加害の内容が香川照之よりやばすぎる!

Twitter
スポンサーリンク

市川猿之助を自殺に追い込んだのは誰?

一部ネットユーザーからは、《市川猿之助を自殺に追い込んだのは週刊誌のせい?》という声があります。

週刊誌が発売されて直後に、自殺未遂を図ったことから、記事内容が関係していると考えてしまいます。

《何でもかんでも暴露すればいいってもんじゃない》《週刊誌にも罪はあるのでは?》という声も上がっています。

しかし一方で、《市川猿之助自身が蒔いた種》という声があるのも然り。

人に知れたら身破滅なんて真似をするのがまず間違いな。 記事のせいでもタレコんだ奴のせいでもなく、全部自分のせい。 醜聞すっぱ抜かれて頭下げる馬鹿全員自分のせいだよ。

Twitter

週刊誌に暴かれてヤバいことがなければ、自殺を図ることも両親が亡くなることもなかった・・・残念です。

ネットでは、性被害内容を週刊誌に話した被害者が自分を責めるのは間違ってるという意見がたくさんありました。

こういう場合、セクハラの被害者が責められてしまいがちだけど、被害者は何も悪くない。悪いのは性加害。猿之助さんのご回復を祈ります。回復した後に事実であればきちんと罪を償ってほしい。

yahooコメント

もしこれらが事実であれば、回復したのち、しっかり償ってほしいです。

スポンサーリンク

まとめ

市川猿之助さんが週刊誌にリークされた記事内容をまとめてみました。

まとめていて気分の良い内容ではなかったですね・・・。

市川猿之助さんが回復されたら、ちゃんと罪を償っていただきたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

訪問ありがとうございます!
日々の疑問や話題のニュースやエンタメ情報などをお届けします

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次