【痛々しい】小林麻耶の止まらない激怒に呆れる声

スポンサーリンク

2022年3月から海老蔵さんの暴露が始まり、4月現在もなお海老蔵さんへ謝罪を要求している小林麻耶さん夫婦。

そして、今度は激怒の矛先がホリエモンこと堀江貴文さんと箕輪厚介さんへと向かい、もはや一体何がどうなっているのか分からない状態です。

小林麻耶さんの暴走ともいえる言動は、痛々しいものがあり、「勘弁してよ」「裁判所で訴訟すればいいこと」「ネットで公にする意味がわからない」という呆れた声もちらほら

今回は、小林麻耶さんが激怒している内容についてまとめます。

スポンサーリンク
目次

【痛々しい】小林麻耶は何に怒っているの?

小林麻耶怒る画像

経緯

  1. 4月3日に堀江貴文さんと冬幻舎の箕輪厚介さんがYoutubeで生配信を実施。
  2. 内容:小説リレーをすることになり、主催者が小林麻耶さんを紹介。その後行われたパーティーに國光吟を連れてきたが、麻耶さんと話そうとすると國光さんが割り込んでくるので、面倒くさくなって誰も話さなくなったことを箕輪さんが暴露。そして、堀江さんは会った瞬間に「(國光氏は)ヤバい奴と思った」ということを動画で語った。
  3. 4月5日。動画を見た小林麻耶さんが激怒し堀江貴文さんと箕輪厚介さんに謝罪をブログにて要求

小林麻耶さんが激怒したのはこちらの動画↓(麻耶さんについては20分あたりから話してます)

まず堀江氏には、《あなたが勝手にあきら君を避けていたのに、あんまりです》《何様なんですか?????? そんな態度を取る人に、私の婚約者の悪口を言われたくない!!!!!!!》と憤りを見せている。 さらに、《あきら君は芸能人ではありません。一刻も早く動画内での即刻謝罪、直接の謝罪を求めます。ご連絡お待ちしています》と、連絡先を添えて締めくくった。 次に箕輪氏に対しても、麻耶は次のように訴えている。 《人の婚約者で芸能人ではない男性に対し、影響力がある動画で、嘘を話すのは殺人と同じです。即刻動画内で訂正し謝罪してください。また、直接の謝罪も要求します》

「麻耶さんはその後も立て続けにブログを更新し、堀江さんと箕輪さんに向けて怒りを綴っています。箕輪さんに関しては海老蔵さんとが交流があったことや、箕輪さんの不祥事を報じたネットニュースなどをブログに載せて糾弾しています。

女性自身 https://news.yahoo.co.jp/articles/da9511cc87735b69b914d213063a219e196fee9c

なるほど、そんなことがあったのね。

小林麻耶が怒っているのは…

小林麻耶怒りの画像

小林麻耶さんが堀江さんと箕輪さんに対して何に怒っていることかとざっくり言うと。。。

・自分が勝手に避けていたのに、動画で芸能人でもない婚約者の悪口を言うなんて許せない!
・人の婚約者で芸能人でない人のことを、影響力のある動画でを言うなんて許せない!

その後も麻耶さんのブログで怒りを爆発!!

悪口でも誹謗中傷でもありません。

婚約者が、公の場で、超超超有名で影響力のある堀江貴文さんと大手出版社勤務の箕輪厚介さんに、虚偽を言われ、悪口を言われているんです。

皆さんは怒らないんですか?自分の大切な婚約者が、自分の大切な人が、公の場で、嘘を言われても、悪口を言われても、反論しないんですか?

向こうは多大なる影響力がある動画で、ネットニュースにもなる動画ですよ!!!!!!!!

私のブログで、私が婚約者のために怒ってもいいじゃないですか???

大切な人が傷つけられていて、なんで黙っていなくてはいけないんですか?????????

私は!!

怒っているんです!

動画で訂正と謝罪、直接謝罪を求めます。

小林麻耶ブログ https://ameblo.jp/mayakoba712/entry-12735799369.html

小林麻耶さんは、なぜ怒り続けられるのか。

それは愛があるから!!だそうです。

小林麻耶

一つの事だけではなく、色んな事への愛があるから怒り続けられるんですよ!!!

これらの怒りは愛ということなのでしょうね。

【痛々しい】小林麻耶に呆れたという声

まとめ

TwitterやYahoo!ニュースのコメントを見ても、「一向に収束する気配がない」「海老蔵や志らくがスルーするのはわかる気がする」という言葉も見られます。

そろそろ、小林麻耶さんも過激な発言を控えないと世間からどんどん離れていく気がしますね。

痛々しい麻耶さんではなく、ハツラツとした笑顔の麻耶さんであってほしいと個人的に思います!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

訪問ありがとうございます!
日々の疑問や話題のニュースやエンタメ情報などをお届けします

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次